特進コース

特進コースは、1年次に基礎受験学力を確立し、2年次から英語・文系科目中心の選択パターンと、英語・理数系科目中心の選択パターンに分かれます。放課後の「+αゼミナール」と連動して、早慶上智・MARCHと称される難関私立大学への合格に向けた受験対応を重視したカリキュラムになっています。

特進コースの特徴

習熟度別学習

習熟度別クラス編成に加え、習熟度別の補習を多く取り入れ、一人一人をしっかりサポートしています。国立大学や早慶上智、MARCHといわれるレベルの大学入試対策を行っており、近年その成果として難関大学への合格者数を伸ばしています。また薬学や理学療法、看護などの医療系の大学への進学も人気があり、その実現をサポートしています。

+αゼミナールと自習室による充実した学習環境

放課後と長期休業中には+αゼミナールという学力の向上を目的とする特別講座を設け、学内での補習体制を万全にし、受験に打ち勝つ自信と実力をつけることが可能です。習熟度授業も多く取り入れ、つまずきをなくし、学力の土台を作ります。また自習室は、勉強したい生徒が集中して「自学自習」に取り組める場所になっています。難関大学に在籍するチューターが自習室に常駐し、受験に向けた実践的な勉強方法についてのアドバイス、講習のフォロー、個別指導などを行っています。定期テストの試験勉強や模試の準備、英検対策、大学受験のペースメーカーとして活用し、放課後の勉強時間の確保、授業でわからなかったところの解消など、学力を伸ばすための時間として有効に活用しています。

学力をつけるイベントを活用しよう

夏の勉強合宿や秋の語学研修など、学力を磨き、知的好奇心が育まれ、自学自習のノウハウを学ぶ機会がたくさんあります。自分の夢を実現するために、努力し、チャレンジする環境がここにはあります。

特進コースのポイント

  • 習熟度別学習
  • 英語力を鍛える授業
  • 勉強合宿
  • 語学研修(今年度は国内)
  • 大学訪問
  • 各種模擬試験と補習制度
  • 2年次に文系・理系分け
  • 進路の時間(ガイダンス)

カリキュラムとコース変更

本校のカリキュラムはコース変更が可能なように組んであり、進級時に限りコース変更を認めています。生徒から変更希望があった場合、その生徒の希望進路や学力等、生活全般に鑑みて、保護者とも相談のうえ判断しています。年度途中の変更は認めていません。

また、各コースごとの詳しいカリキュラムは学園配布のパンフレットをご参照ください。